視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

現代では、パソコンや携帯など使用により目を酷使して、
視力が低下してしまう人が多いようです。

では、視力を回復させるためにはどうすればいいか?

今では、様々な方法がありますが、自分で出来る視力回復トレーニングなどを
紹介していますので、視力を回復させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


自分で出来る視力トレーニング!

視力が低下している人の対処法として、メガネやコンタクトレンズで、
自身の視力を矯正されている方は多くいます。

でも、自分の視力を回復することが出来る方法があるなら試してみたいですよね。

そこで、視力回復トレーニングですが、これは、その名の通り、
視力を回復するためのトレーニングになります。

実は、この視力回復トレーニングと言うのはアメリカの眼科医が考案した方法です。

目の周辺の筋肉や神経を鍛えることで、低下してしまった機能を
少しずつ復活させて、悪くなってしまった視力を取り戻すというものです。

自分で簡単に出来る視力回復トレーニングがありますので、いくつか紹介しましょう。


・眼球トレーニング

先ずは、簡単に目の筋肉をなるべく意識するような運動から、
眼球トレーニングを行ってみてください。

やり方は簡単です。

目の筋肉を鍛えることを意識して、目を上下左右に動かしたり、
斜めや目をぐるっと回転させたりするだけです。

最初の内は、何も焦点がなく難しいと感じるようであれば、
自分の人差し指を使い、その人差し指を追うように目を動かしてみてください。

この運動を行うと、目周辺の血行を促進させて、衰えてしまった筋肉を
鍛えることが出来るのです。


・遠近トレーニング

また、遠近トレーニングという方法もあります。

この方法も簡単で、先ずは、自分の手のひらを見つめて下さい。

数秒見つめた後に今度は出来るだけ遠くにある建物などを見るようにします。

手のひらと建物を交互に見る感じです。

これは、毛様体筋と水晶体を動かすための運動にになります。

このように、視力回復トレーニングとは・・・

視力低下=目の機能の低下

このように考えられていて、この低下してしまった目の機能を元に戻すことで
視力を回復させると言うやり方です。

もちろん、大事なことはある程度は続けなければ、視力は回復しないと言う事です。

お金をかけずに自力で視力を回復したいと考えているなら、
上記で紹介した方法をぜひ試してみてください。