視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 視力回復 > 視力回復できるコンタクトについて!

視力回復できるコンタクトについて!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

視力が低下している方は、メガネやコンタクトをしているケースが多いですが、
実は、視力回復できるコンタクトがあるってご存じだったでしょうか?

そこで、今回は、視力回復できるコンタクトについて説明したいと思います。


視力回復できるコンタクトについて!

小学生の頃から視力が低下してしまい、小学生の頃はめがねを使用して、
その後は、コンタクトレンズで視力を矯正しているなんて方がいます。

もちろん、コンタクトレンズも便利なのですが、着けたり外したりするのが
案外、面倒に感じたりしますよね。

そこで、何か視力を回復する為になにか良い方法はないか探してみたのですが、
コンタクトレンズで視力を回復することが出来ると言う方法を見つけました。

それは、「オルソケラトロジー」と言う視力回復コンタクトレンズですが、
このコンタクトレンズってご存じでしたか?

簡単にご説明すると、オルソレンズを夜寝ている間に装着して、
そのまま睡眠をとり、昼間は裸眼で過ごすと言う方法なんだそうです。

この方法のメリットとしては、レーシック手術のように角膜を直接削るような
手術が必要ないってことです。

寝ている間にコンタクトレンズを装着して角膜表面の形を矯正することで、
昼間は裸眼でいられるのです。

これは、手術が必要ありませんので、レーシック手術後に見られるような
合併症と言った心配もいりません。

今までコンタクトレンズを使用したことのある方なら、誰でも簡単に
装着することが出来るでしょう。

また、レーシック手術と違い、小さなお子さんから65歳ぐらいの方まで
幅広い年齢層の方が使用可能です。

ところが、メリットばかりではなく、当然ですが、デメリットもあります。

オルソレンズはハードコンタクトレンズですので、レンズのケアが
ソフトコンタクトレンズと違い、若干面倒なんですね。

その他にも、寝る前にコンタクトレンズの装着を忘れてしまったと言う日が
続いてしまうと視力が元に戻ってしまうようなので、視力が安定し難いと言うのも
デメリットと言えますね。

オルソケラトロジーを試すかどうかは別として、このような方法もあると言う
ことを覚えておきましょう。