視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 近視の種類について!

近視の種類について!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

近視にも種類があるってご存じだったでしょうか?

これは、あまり知られていないようですね。

そこで、今回は、近視の種類ついて解説していますので、
ぜひ参考にしてください。


近視の種類について!

私達は小学校の時から、視力検査を定期的に受けています。

そして、視力検査で問題があった子供は、学校からメガネを掛けるように
指導されます。

近眼とも呼ばれる近視は、日本人は子供での発症率も大変高くなっていて、
先進国ほど近眼率が高いと言われているんですね。

ある程度大人になると、多くの人はコンタクトレンズに変えてしまうので、
実際にメガネを掛けている人はそれほど多くないでしょう。

しかし、実際には、近視の人口はすごく多いんですね。

また、近視の中にも種類があることはあまり知られていません。


仮性近視

子供の頃には、よく仮性近視と言う言葉を耳にしたと思います。

これはパソコンやゲームのやり過ぎなどで、近年では以前にもまして目が
疲れている人が多く、そのような疲れ目により一時的に視力が低下することを
仮性近視と言います。

この場合には、目を休めることで視力がある程度は回復できます。

しかし、それが進んでしまうと、屈折性近視になってしまいます。


屈折性近視

屈折性近視は常に目が疲れた状態なのですが、網膜より前方に焦点が
あった状態が続くことで、その状態が定着、または、悪化していきます。

多くの人の近視は、この屈折性近視なので、メガネやコンタクトで視力矯正が
出来ます。


軸性近視

その他にも、軸性近視と言うのがあります。

これは先天的に眼球がやや楕円形をしていて、
網膜までの距離が長い為に、焦点が網膜まで届かないと言う近視です。

軸性近視の場合は、手術で矯正するのが一般的となっています。


このように近視と言っても、種類があります。