視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 近視の度数の測り方について!

近視の度数の測り方について!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

今回は近視の度数の測り方について解説しています。

ご自宅でも出来る物も紹介していますので、ぜひ試してみてください。


近視の度数の測り方について!

近視の度数の測り方と言えば、思いつくのが、学校の保健室の
「C」がたくさん並んだ検査表があります。

片目ずつスプーンのようなもので塞いで、視力検査をしましたね。

大人になってからは、免許の更新だったり会社の健康診断など、
また、メガネやコンタクトの作り替えの時くらいしか視力検査をする機会は
ないと思います。

ただ、そのような場面での視力検査と言うのは、昔ながらのものとは違って、
機械を覗きこんでの検査が行われることがほとんどです。

メガネやコンタクトを作る時の検査器は更に精密なもので、
乱視まで計れるようになっているようです。

そこまで正確でなくても、家庭や職場で簡単にある程度の視力を計る方法も
ありますので紹介したいと思います。

一般的には自分の視力について、1.0とか0.5といった風に
表現していますが、医療現場ではディオプターと言う単位を使い度数を
表現します。

・+1D〜+2D・・・1.0〜1.5以上(正視〜遠視)
・+−0D・・・正視
・−1D〜0D・・・0.4〜1.2(正視〜軽度近視)
・−2D〜−3D・・・0.5〜0.05(軽度近視)
・−4D〜−5D・・・0.08〜0.03(中度近視)
・−6D〜−8D・・・0.04〜0.02以下(強度近視)


これらを目安として考えて、文庫本のような字が小さな本ではなく、
ハードカバーの本を用意して、手を伸ばして顔の前に掲げます。

この本の文字が読める場所から眼までの距離を計り、
100から割った数にDをつけたものがディオプターの度数になります。

ちなみに数式にすると・・・

100÷距離(センチメートル)=度数D

このようになります。

実際にご自身でも試してみてください。