視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 近視と老眼の違いについて!

近視と老眼の違いについて!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

今回は、近視と老眼の違いについて説明します。

近視や老眼で悩む方も多いと思いますが、この違いをしっかり知っておきましょう。


近視と老眼の違いについて!

日本人に多い視力の不具合と言えば、近視と老眼が圧倒的に多いでしょう。

老眼と言うのは年齢と共に進むわけで、これは誰でも必ず起こる現象です。

なので、高齢化社会の日本では、老眼率も大変高いんですね。

それと同様に、日本人に近視が多いと言うのは世界的にも知られています。

昭和時代にアメリカで定着した

「日本人=勤勉・メガネ」

と言ったイメージは、有名でしょう。

近年、コンタクトレンズの人が多いので、メガネをしている人は
減ってはいますが、近視率は逆に増加していると言えます。

近視も老眼も、日本では、その疾病率が大変高いと言うのは同じなのですが、
その症状や原因は全く違います。

近視は近くのものに焦点が合い、遠くの物がぼやけてしまう症状で、
子供の頃に発症することが多いことで知られていますね。

それに対し、老眼は近くのものに焦点が合わせづらくなる症状です。


老化によって眼球の筋力が衰えてしまし、焦点が合わせられなくなる症状で、
一般的には40歳代くらいから発症する人が多いと言われています。

そして、老眼になると近眼が治るかと言うと、そのような事はありません。

老眼になっても近視は直らず、遠くの物がよく見えるようになると言う事も
ありません。

また、「遠近両用メガネ」と言う物が存在します。

このメガネでは、本を読むなど近くを見る時は視線を落とすことが多いので、
メガネの半分から下は老眼用レンズとなっていて、メガネの上半分は遠くを
見る為の近眼用レンズとなっているんですね。

このように近視と老眼は全く違う物になります。

しかし、トレーニング次第では、近視や老眼も回復するようですので、
諦めてはいけません。