視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 近視と遠視の違いについて!

近視と遠視の違いについて!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

こちらでは、近視と遠視の違いについて説明しています。

自分の目は、近視なのか、それとも遠視なんかわからない人は
参考にしてみてください。


近視と遠視の違いについて!

視力の不調により、目の前のものが見えにくかったり、
ぼやけてしまったりと言うことは、誰でも少なからず経験はあるでしょう。

もちろん、特に年をとればとるほど、眼球の働きは衰えますので、
高齢者の方の中には視力の衰えに悩んでいる方も多いのも事実です。

この視力の衰えには様々な種類がありますが、代表的なものには
近視と遠視があります。

近視と遠視って、よく聞く言葉ですが、実際どのように違うのか?

先ず、近視と言うは簡単にいえば・・・

近くのものははっきりと見えるけど遠くのものはぼんやりぼやけて見える

と言うことです。

これは眼球の前方でピントが合いやすくなってしまっている為に
起こる現象ですね。

角膜や水晶体の屈折率に異常をきたし強く屈折してしまって起こる
屈折性近視と、それと、角膜から網膜までの距離が長すぎてしまいピントが
前方で合ってしまう軸性近視の2種類があります。

主に前者は比較的軽い近視の人、後者は重度の近視の人に見られる症状です。

そして、遠視ですがこれは・・・

近くのものも遠くのものもぼやけて見える状態

になります。

若い人で比較的軽い遠視の場合は、目の調整力によっては近くのものは
見えづらくても遠くのものはしっかりと見えることもあるようです。

ところが、重度の遠視の場合は、ピントが合わず、近くも遠くも
はっきりと見えないようです。

これは網膜よりも後ろでピントが合いやすくなっている状態により起きています。

また、重度の遠視だとどこにもピントが合わず、水晶体がなんとかピントを
合わせようとするので、目に大きな負担をかけてしまうんですね。

それによって眼精疲労が起きてしまうので、
近視より遠視の方は、しっかり治療しなくてはいけません。


以上が近視と遠視の違いになります。

近視にしろ、遠視にしろ、ちょっと目がおかしいなと感じたら、
一度眼科で検査することをオススメします。