視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 子供の近視を何とかする!

子供の近視を何とかする!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

今回は、子供の近視について考えてみましょう。

近視の子供にさせない為にはどうすればいいか?

こちらで説明していますので、参考にしてください。


子供の近視を何とかする!

今では、パソコンやゲームやスマートフォンなどの普及によって、
子供の視力低下が現代病と言っていいくらい深刻化しているんですね。

もちろん、視力低下の要因には、ゲームやパソコンなどのやり過ぎによる近視です。

ただ、幼い子供の眼球や脳は、まだ未完成で、視力低下は近視だけではなく、
弱視や斜視などの問題も出てきてしまう可能性もあるので、一刻も早い治療や
対策が必要になります。

子供が近視にならない為には、母親の注意力が必要不可欠なのですが、
子供が何か物を見る時に目を細めて見ているようなら要注意です。

これは物を見るときにピントが合わず、無意識的に目を細めてピントを
合わせようとしている動作ですので、軽い近視になっている可能性があります。

子供の近視を回復させる為には、眼科で行う治療と日常生活の改善が必要です。

まず、眼科で行う治療ですが、これは、点眼薬による治療と通電治療があります。

点眼薬による治療では、夜寝る前に散瞳薬をすることにより、
寝ている間に目の筋肉の緊張が緩和されていきます。

それにより、遠くを見ているような感じで眠ることが出来ます。

通電治療と言うのは、目に微弱な電気を流すことで、
近視の回復を促す治療になります。

子供は大人に比べて、水分量が多いので、大人より子供の方が
効果を期待出来ると言われています。

また、日常生活の対策としては・・・

・目を休めること。

・目の筋肉を鍛えること


どうしても長時間何かを集中的に見たりしていると、
眼の筋肉を酷使してしまうので、固まってしまうんですね。

これが近視になる元になるので、目を使ったら、目を閉じるなどして、
休ませる習慣付けをすることが大事なんですね。

他にも・・・

・目の周りの筋肉を鍛える

これも大切なのですが、目をぐるぐる動かしたり、瞬きしたりと、
固まった筋肉をほぐすようにしてみてください。

それと、十分な睡眠をとるようにして、規則正しい生活を心がけて、
カルシウム豊富なバランスの取れた食事をすることも近視の対策として
大切なポイントと言えるでしょう。

特に子供の場合、ゲームなどをしていると夢中になりますので、
タイマーなどで時間を計り、決められた時間は、目を休めるようにするなど
工夫してみてください。