視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 暗いところで本を読むと目が悪くなる?

暗いところで本を読むと目が悪くなる?


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

暗いところで本を読むと目が悪くなるなんて言いますが、
これって本当なのでしょうか?

確かに目が悪くなるイメージはあると思いますが、
実際はどうなのか、こちらで説明していますので、
参考にしてみてください。


暗いところで本を読むと目が悪くなる?

明かりがなく暗いところで本などを見ていると、
何となく見えづらくて目が悪くなりそうにも思えますよね。

ところが、数年前のとあるイギリスの医学会が出版している雑誌では、

「明かりが少なく暗いところで本を読むことと視力が低下することには
因果関係はない」


と言う記事が掲載されて、大きな注目を浴びました。

どうして因果関係がないのか、同雑誌の要点をまとめてみることにしましょう。

暗いところで本を読むと目が悪くなると言う俗説は、
おそらく不適切な照明により、焦点を合わせづらくなり、
眼精疲労を引き起こすことからくるもののようですが、
この効果は持続するものではありません。

そして、過去、数世紀前の時代では、今よりももっと照明条件が悪くて、
ランプや蝋燭などの明かりで読書などをしていた状況があるんですね。

そういった状況を踏まえて考えてみれば、暗い光で本を読むと
近視が進行すると言うのは、あくまでも俗説にすぎないと言うように
理論付けられています。

確かに昔は、今よりも少ない照明の中での生活を強いられていました。

なので、その時代に暮らしていた人より、照明に恵まれた現代に生きている
私達の方が、近視ははるかに少ないであろうと言うことになりますよね。

このように、専門家により、暗いところでの読書は近視への直接的な
原因にはならないと結論づけられました。

しかし、だからと言って暗いところで本を読むことが良いとは言えません。

暗いところで本を読むと、どうしても瞳孔が大きくなってしまい、
焦点を合わせづらくなってしまいます。

それにより、目の筋肉に負担が掛かって疲れやすくなってしまい、
決して目には良くないので、本を読むのであれば、明るいところで
読書した方が目にもいいでしょう。