視力を回復させるには?自分で出来る視力トレーニング!TOP > 近視について! > 近視のメガネについて!

近視のメガネについて!


レーシック手術をすることなく視力を回復させる方法!

任天堂DS「”目”で右脳を鍛える」で有名な川村明宏が
視力回復の秘訣を公開しています!

>>川村明宏のジニアスアイであなたも視力を取り戻そう!

今回は、近視のメガネについて解説しています。

なんとなく、近視のメガネって言うと分厚いなんてイメージがありますが、
実際はどうなのでしょうか。


近視のメガネについて!

近視のメガネですが、確かに近視が強ければ強いほど、
焦点の距離が網膜から遠く離れてしまいますので、離れた分だけの
屈折力を持ったレンズが必要になり、どうしても分厚くなってしまうんですね。

ただ、近視のメガネと言うのは凹レンズが一般的なのですが、
中心が薄く外側になるにつれ、厚みを増していき、三日月のような形をしています。

ちなみに、どのような見え方かと言うと、レンズの中心は見えやすいですが、
レンズの端になるにつれ物が歪んで見えるので非常に見づらく全体的に
視野が狭くなります。

そして、このような分厚いレンズのメガネをかけると、レンズの作用で
顔の輪郭が変わってしまい、どうしても顔の印象が悪い方へと
変わってしまう傾向にあります。

もちろん、重みがあるので、人によっては耳が痛くなってしまうことも
あるでしょう。

特に顔の見え方を気にしない人は構いませんが、少しでも気になる
という人には「両面非球面レンズ」をオススメします。


両面非球体レンズと言うのは、レンズの外側の歪みが少なく、
見え方が安定しているので、自然な視野が確保できるでしょう。

ですが、普通の近視用のレンズに比べ、
値段が少々割高になると言うデメリットがあります。


近視の人にとって、当然メガネは欠かせないものですが、
レンズの重さや視野の狭さ、顔の印象などを気にするのであれば、
メガネよりもコンタクトの方がいいかもしれませんね。

コンタクトだと眼球に直接フィットしますので、メガネ特有の歪みはなく、
裸眼と同様の視野を確保することが出来ます。

どちらにせよ、眼科で検査をして、あなたに向いているものを使えば
問題ありません。